勉強の進め方
 
 科目別合格制度

電験三種の受験科目は4科目あり、その受験方法は少し変わっていて

 

一度に全科目合格する必要はなく、科目ごとの合格が認められています。

 

 

そのため、電気初心者の方は初年度から全科目合格を目指す必要はなく

 

初年度に2科目受験し、2年目に残りの2科目を受験する、

 

または

 

初年度に3科目受験し、2年目に残りの1科目を受験する、

 

というような方法を選択することができます。

 

 

もちろん、

 

高校や大学などの電気科を卒業したような、電気を得意とする方は

 

初年度から全科目受験することをお勧めします。

 

 

 

電気初心者の方が、初年度から全科目受験をしてしまうと

 

どの教科も中途半端な状態で受験することになり

 

結局、どの教科も不合格という悲しい結果になる可能性があります。

 

 

電気初心者の方には、ぜひ

 

科目合格制度を利用し、2年計画、もしくは3年計画で受験することをお勧めします。

 

 
 どの科目から受験する?

初年度に2科目受験し、2年目に残りの2科目を受験する、

 

そして、3年目はとり損なった科目を受験する予備の年とする

 

この方法が私的にはお勧めですが

 

少し自信がある人ならば

 

初年度に3科目受験し、2年目に残りの1科目を受験する、

 

そして、3年目はとり損なった科目を受験する予備の年とする。

 

この方法も良いと思います。

 

 

次に、

 

初年度に2科目受験し、2年目に残りの2科目を受験する

 

とした場合、

 

初年度に2科目受験は何にしたら良いでしょうか?

 

 


これは、「理論」 と 「電力」 がお勧めです。



そして、一番最初に勉強する科目は 「理論」 が良いと思います。



「理論」を勧める理由は、

「理論」には全ての科目の基本となる要素が含まれており、

さらには、電験三種で必要となる数学の要素も全て入っています。


例えば「理論」で学習する磁気の知識がないと、

「機械」科目の 変圧器 や 発電機 を理解することは難しく


 

「理論」で学習するオームの法則を含めた回路計算の知識がないと

 

 

「電力」科目の 回路計算 を解くことは難しくなります。


1科目は、ぜひ「理論」から始めて下さい。

 
 二科目目は電力

二番目に「電力」を勧める理由ですが

 

 

その理由の1つ目は

 

試験の時間割、によるものです。

 

 

 

理論 : 午前9時00分 ~ 午前10時30分 (試験時間 90分)  

 

電力 : 午前11時10分 ~ 午後0時40分 (試験時間 90分)
      

機械 : 午後2時00分 ~ 午後3時30分   (試験時間 90分)
      

法規 : 午後4時10分 ~ 午後5時15分 (試験時間 65分)
     

 

 

 

試験の時間割を見ると 1時間目は「理論」、2時間目は「電力」です。

 

 

 

つまり、

 

初年度に「理論」と「電力」を選べば、この2科目は続けて受験できます。

 

 

 

 

もし、初年度に「理論」と「機械」を受験するとしたなら、

 

1時間目の「理論」が10:30 に終わって

 

3時間目の「機械」の開始の14:00まで 3時間半 も間が空くことになります。

 

また、

 

初年度に「理論」と「法規」を受験するとしたなら、

 

1時間目の「理論」が10:30 に終わって

 

4時間目の「法規」の開始の16:10まで 約5時間半 も間が空くことになります。

 

 

家が近ければ1度、家に帰るのも良いでしょうが。

 

試験場が遠い場合は、それもできず

 

空いた時間を有効に過ごす方法を、考えなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

二番目に「電力」を勧める理由の2つ目は、

 

各科目の勉強量のバランスによるものです。

 

 

私が考える科目別の勉強量は、次のようになります。

 

 

「理論」  勉強量 多い

 

「機械」  勉強量 多い

 

「電力」  勉強量 少ない

 

「法規」  勉強量 少ない

 

 

 

勉強量の多さから、受験科目の組み合わせを考えた場合

 

「勉強量 多い」 と 「勉強量 少ない」 の組み合わせが

 

ちょうど良いものになります。

 

 

初年度に「理論」 と 「機械」 を受験するとしたら、

 

勉強量の多さに嫌気がさすかもしれません。

 

 

また、

 

勉強量が多いということは、

 

覚える事柄も多くなるということです。

 

「理論」 と 「機械」 は、計算問題が多く、覚える公式は膨大な数になります。

 

また、それ以外にも、覚える語句や法則など、山ほどあります。

 

 

ゆえに、「理論」 と 「機械」 の組み合わせは避けたほうが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

「理論」 と 「法規」 の組み合わせは

 

勉強量の多さから見ると、ちょうど良い組み合わせとなります。

 

したがって、

 

初年度に 「理論」 と 「法規」 を受験することは、お勧め ではあるのですが

 

問題は、この2科目の試験時間です

 

「理論」は1時間目、「法規」は4時間目 であるため

 

約5時間半 も間が空くことになります。

 

 

ただし、

 

この空いた時間を有効に過ごすことのできる人は、「理論」 と 「法規」の組み合わせもありです。

 
 三科目目と四科目目は、機械 と 法規

ここまでのことをまとめると

 

受験する科目の順番は

 

1年目 - 理論 電力
 

と決まったので、自動的に

 

2年目 - 機械  法規


 

つまり、三科目目は機械、四科目目は法規 になります。

 

 

 

2年目の「機械」と「法規」は、勉強量から見ると

 

 

「機械」 勉強量 多い

 

「法規」 勉強量 少ない

 

 

勉強量が 多い少ないの組み合わせなので勉強量的に丁度良いものになります。

 

 

また、試験の時間割から見ても

 

「機械」3時間目、「法規」4時間目になっているため

 

丁度良い組み合わせになります。

 

 

 

 

そして3年目は、取りこぼした科目を受験する


 

この順番で受験するのが私のお勧めです

Copyright(C) 誰でもわかる電験参考書研究会 All Rights Reserved.